HPではわからない「家賃支援給付金」申請のコツ | PRESIDENT×dancyu ビデオオンデマンド

本編を視聴するには、視聴条件をご確認ください

0

HPではわからない「家賃支援給付金」申請のコツ

PRESIDENT経営者カレッジ「アップデートセミナーmini」では、中小企業経営に有益な情報を動画でお届けしています。

経済産業省による「家賃支援給付金」は、新型コロナウイルスの影響で、売り上げの減少に直面した中小企業の事業主、フリーランスを含む個人事業主に対して、家賃負担の軽減を目的とした給付金です。

給付額は法人が最大600万円、個人事業主は最大300万円。ウェブを通じて申請でき、申請期間は、2021年1月15日までです。

動画では、制度の概要や申請方法を詳しく紹介しているほか、ホームページを見るだけではわかりにくい箇所などを解説しています。

▼本動画でわかること
・「家賃支援給付金」の概要・申請方法
・申請に必要な作業フローの全容
・用意する書類に記載すべきこと
・申請の不備を防ぐポイント
etc.

申請書類の不備による支給遅れを防ぐためにも、申請の前にぜひ動画をご覧ください。

【講師】
高橋国際コンサルティング 
中小企業診断士
高橋 良輔氏

参加費:無料
参加対象:中小法人経営者・個人事業主(フリーランス含む)

※「PRESIDENT経営者カレッジ」は経営者・経営幹部・スタートアップ企業の経営者を対象にしている講座です。


 

関連動画